スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日光東照宮を行く.04

風景写真~日光東照宮
風景写真

表門を通ってすぐ正面、最初に目に留まったのがこちらの朱色の建物。
横木が幾段と組み重なった構造が特徴的。
屋根にはすっと縦のラインが伸びている。
整った線と、多彩な色使いや細かな模様との対比がとても美しい。
3つ並んでいて、それぞれ上神庫、中神庫、下神庫。
総称して「三神庫(さんじんこ)」。

立て札には「外部は校倉造(あぜくらづくり)を模したものであり
内部には百物揃千人行列(ひゃくものぞろえ せんにんぎょうれつ)と呼ばれる
壮大な渡御祭(とぎょさい)奉仕者の装束1200人分が収められている」。
そうか、お祭りのための馬具や衣装の倉庫なんだね。
普段はこうして閉まってるけれど、春と秋にある渡御祭の
1週間ほど前から準備のため開けられ、内部が見られるそう。
先に書いた石鳥居や表門と同じく、こちらも重要文化財です。

3つの庫に1200人分の衣装。
さぞ大きなお祭りなんだろうなと思って調べたら、
旅行会社さんによる案内ビデオがあったのでご紹介します。
(※スタートすると音が出ます)



← Back | Index | → Next Photo


関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://onthevoyage.blog101.fc2.com/tb.php/126-f2785892

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。