カテゴリー  [今日の一絵 ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「仏像のひみつ」

本「仏像のひみつ」

なんだか「美の壺」づいてるけれど
今夜のテーマは「仏像」ということで、
うーん、これまたくすぐられちゃう。
日光東照宮の写真をアップ中ですが、
寺社や仏像を観るのがとても好きなんです。

と言うわけで、予習?!がてら久しぶりに本棚から
「仏像のひみつ」を引っ張り出してきた。
重要文化財、歴史ある名品の数々の写真とともに
東京国立博物館に勤務し、名誉館員でもある著者
山本勉さんがとてもわかりやすく
仏像のいろはを教えてくれます。
とかく難しい漢字や用語が多いジャンルですが
丁寧にルビがふってあって、イラストも豊富。
「如来」や「菩薩」の違い、独特な髪型や
さまざまな形がある手の組み、光背の意味など
知らずに観ていた仏像様のひみつに
易しく触れられ、楽しく読み進められる本です。
特に運慶作の大日如来坐像のX線写真には驚き!
仏像の中にはいろんなものが入ってるんですよ。
寺社や仏像はもちろん、歴史や美術好きな方にも
お勧めの一冊です。

○関連記事:こちらは「門」、「遊園地」、「木」そして「カメラ」の美。
2011.1.23 美の壺~遊園地
2011.1.22 日光の門
2010.12.18 美の壺~屋敷林


☆クローズアップ Amazon

■山本勉 著「仏像のひみつ」
著者のことば(「はじめに」より抜粋)
「仏像がおもしろいのは、ただおがむ対象というだけではなくて、仏教という宗教がつくりだした、さまざまなお話のキャラクター(登場人物)だからです。

そして仏像のことがわかると、むずかしい仏教の教えも少し身近になります。

それから仏像は、種類によって特徴があったり、着ているものが違ったりするけれど、だいたい人間と同じかっこうをしています。だから、仏像の姿を見ると、その時代の人が人間のからだをどんな風に思っていたのかがよくわかるのです。

この本で、かんたんに、おおまかに、でもしっかりと、仏像のひみつを知りましょう。これからお寺や博物館で仏像に出会うのが、そして鑑賞するのが、とても楽しくなるのを約束します。」
もっと詳しく見る


スポンサーサイト

美の壺~遊園地

風景写真~エプソン品川アクアスタジアム
風景写真

日光の前に、「美の壺」つながりで水族館へ立ち寄り。
「門」の前に放送された「遊園地」の回。
アクアスタジアムにメリーゴーラウンドがあるの知らなかったな。

遊園地を鑑賞するのはおもしろい。
乗って体中で感覚を楽しむのもよいけれど、
建物1つ1つの装飾や構造や
風景も含めた全体の景観を眺め味わうのもまたわくわく。
メリーゴーラウンド、「機械遺産に認定」なんてものもあるとは驚き。
ドイツで100年以上も前に作られた名品だそう。
乗るのはちょっと恥ずかしくなってきて
どこの遊園地へ行ってもあまり寄らなくなったけれど
今度はじっくり一周見てみよう。乗ってもみよう!
横浜の観覧車は夜の水面に揺れるライトもきれいだった。
いつかまた観覧車に乗って、てっぺんを示す棒を間近に見たい。
仰ぎ見るジェットコースターの迫力はアトラクション随一かも。
施設ごとに、また見る角度によっても、独特の表情があるところもいいね。
遊園地は楽しいツボがたくさん。

下の写真はアクアスタジアムで出会った生き物たち。
風景写真

赤い魚、色も姿もあでやかできれい。


風景写真

サメの赤ちゃんたち。体長20cmほど。
生まれたばかりながら迫力ある顔。
撮ったのはちょうど3年前。
みんな大きくなったかな。


風景写真

こちらはサカサクラゲ。
クラゲながら浮遊せず、こうして海底にいて
口をパクパクするみたいな動きをしてる。
「カネゴンみたい!」って、不思議でおもしろくてずっと見ちゃった。
中央少し左上に小さいのも。

風景写真

こどもなのかな。
パクパクの動きが早くて、形は大きいのとほぼ同じ。
うーん、生き物って不思議。おもしろいなぁ。
水族館もまたゆっくり行きたい。
次はメリーゴーラウンドのイルカにも会わないとね。
後ろのサメもキリッ!

風景写真


○関連記事:こちらは「門」、そして「木」と「カメラ」の美。
2011.1.22 日光の門
2010.12.18 美の壺~屋敷林


☆クローズアップ Amazon

■NHK「鑑賞マニュアル・美の壺」
暮らしの中に隠れたさまざまな美を紹介してくれるNHKの美術番組。草刈正雄さんとアナウンサーの古野晶子さんのナビゲーションが楽しく、BGMのJAZZたちもお洒落で耳に心地いい親しみやすい番組です。

左はクラシックカメラの回が書籍化されたもの。デジカメとは異なる美を備えた名機たちに迫ります。カメラをじっくり鑑賞するのもまた一興です。

もっと詳しく見る


いちごの日

苺




苺

日付は変わってしまったけれど、1.15は「いちごの日」だそうで。
真っ赤でまあるい、かわいい実。
お菓子だとピンクのパッケージ。
甘酸っぱい味はもちろん、目も惹きつけられる美味しいフルーツ。
何か買えばよかったな。
上はいちご、いちご…と、過去の写真を探して見つけた
ハーゲンダッツのクリスピーサンド・練乳いちごと、フルーツケーキ。
くぅ~。おいしかった!
寒さは厳しいけれど、フレッシュないちごで冬を楽しもう。


☆クローズアップ Amazon

■いちご
そのままはもちろん、ミルクや練乳をあわせたり、ケーキやジャムにしたり。ストロベリー味のお菓子もたくさん!

栄養価も優れていて、7、8粒摂れば1日分がOKなほどビタミンCがたっぷり。レモンを上回る高いレベルです。疲れやストレスを感じている人、たばこを吸う人、美肌や風邪予防にもお勧めです。受験生もこれで頑張って!
もっと詳しく見る


ぽかぽか酒粕

酒粕

「ためしてガッテン」だったかな、テレビで特集を観て
久しぶりに酒粕を購入。
スーパーで見当たらず、店員さんに尋ねたら
外国人の若い女性で、「サケカシュ?」と初耳の表情。
そうですよね、日本人でもぴんと来ない人は少なくないだろうな。

私が初めて食べたのも成人してから。
当時ルームシェアしていた友人が作ってくれたのが
酒粕入りのお鍋。
彼女は「お母さん」みたいな家庭の味で
私のニガテや食わず嫌いをいくつも治してくれた。
酒粕もそう。
独特な匂いや風味から、なんとなく敬遠していたのだけれど
ある寒い冬の夜、体の芯から温まるようにと
大好きな鮭や野菜で作ってくれたそのお鍋は
くせのある発酵臭やアルコールの匂いが
良い具合に出汁に調和されていて、とてもおいしかったなあ。
温かい気遣いのこもった酒粕お鍋に
心も体もぽかぽか。今も記憶に残っています。

店員さんはすぐに調べて案内してくれた後、
パッケージを手に取り、しばらく見ていました。
お礼と一緒に「日本酒を造る時にできるものなんですよ」と
話したら、初めて見たと驚いていました。
親切で仕事熱心な姿に、ぽかぽかがまた1つ。
今日から食卓に酒粕が仲間入りです。


☆クローズアップ Amazon

■酒粕(さけかす)
たんぱく質やビタミンB2・B6、葉酸など栄養が豊富
代謝促進、細菌やウイルスへの抵抗力向上、貧血予防、中性脂肪や悪玉コレステロールや高血圧の低減、便秘改善、大腸ガンや胆石症や動脈硬化や十二指腸潰瘍の予防、美肌美髪など嬉しい効果が期待できる積極的に摂りたい食品です。

冬には甘酒で親しまれていますが、お鍋や味噌汁に足しても◎。いつもの作り方で、ぽんと加えるだけでOKです。

また、軽く砂糖をまぶして、金網やトースターなどで焼いて食べるのもお勧め。焦げない程度に砂糖が溶け始めたら、もう出来上がり。ジャムやママレードを挟んでもお菓子みたいで美味です。

簡単に手軽に使えて、冷蔵庫で半年近く持つところもうれしい万能食材・酒粕です。
もっと詳しく見る


美の壺~屋敷林

少し久しぶりに「美の壺」を観た。
初めて知った屋敷林。
風や雪を避けたり、果実をつけたり、
花や葉で楽しませてくれたり、
家屋となって支えてくれたり、美しい木目を見せてくれたり。
地元で生まれた育った木が、その地の気候風土に
一番合うという話も印象的。
木は生きているのだ。
木の美しさ、豊かさに壺を満たされ、ちょっと幸せ。


☆クローズアップ Amazon

■NHK「鑑賞マニュアル・美の壺」
暮らしの中に隠れたさまざまな美を紹介してくれるNHKの美術番組。草刈正雄さんとアナウンサーの古野晶子さんのナビゲーションが楽しく、BGMのJAZZたちもお洒落で耳に心地いい親しみやすい番組です。

左はクラシックカメラの回が書籍化されたもの。デジカメとは異なる美を備えた名機たちに迫ります。カメラをじっくり鑑賞するのもまた一興です。

もっと詳しく見る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。